☆様へのラブレター   123kei

☆様
こんにちは。いつもありがとうございます。
突然ですが、今日はこの掲示板にあなたへのラブレターを書きます。
なぜ突然、☆様で?掲示板で?ラブレターなのか?
きっと疑問だらけでしょうし、暑さでとうとう!と思われるかも知れません。
でもこれには、きちんとした訳があります。
(少なくとも私の中では・・・)



● sesame123HPの真実

私は、HPをスタートしたことで出会えた多くの方たちをとても大切に思っていますし、おひとりおひとりに最大の感謝もしています。それはこの方に対しては100%で、別の方に対しては50%という性格のものではなく、全ての方に対して共通に持たせて頂いている100%の想いです。

ではなぜ、☆様個人に対してのラブレターなのか?
そしてまたなぜ、掲示板なのか?
それは・・・。
出来る限り多くの方に読んで頂きたいと考えたからなのです。
出来る限り多くの方に知って頂きたいと考えたからなのです。
sesame123HPの真実を・・・。
なぜこのスタイルなのかという真実を・・・。

● ゼロからのスタート

今までに何度か、機会があるごとに話してきましたが、私たちは深い知識も無いままHPを手作りし、きちんとしたルールも決めないままにインターネットの世界にデビューしました。上に画像を貼り付けましたが、まさしくこんな状態で、とりあえずの外見だけが整ったという感じのデビューでした。経験がないということは実に不安なもので、ここからいったい何がスタートし、何が起こって来るのだろう?と頭の中は?????が、ぎっしりでした。

何も起こらない3日間で?はさらに勢力を増し、パンクしそうなほど色んなことを考えて・・・。
そして、運命の4日目!sesame123HPに初めてのアクセスがありました。
9月4日11:57。そうです。☆様です。あの時の興奮は今でもはっきりと覚えています。
「いよいよ始まったんだ!」という本当に大きな興奮でした。
「さあ、急いで返信をしなければ!」と意気込んでいるところに、9月4日12:07、10分遅れでメールがもう一通届きました。内容は「名前を書き忘れたから!」というものでした。
でもそれは、決して☆様が忘れたのではなく、私が作ったひながたに名前を書いて頂く欄がなかったからなのでした。早速のミスです。今思うと本当に恥ずかしいミスなのですが、あなたはそれを責める訳でもなく、いかにも自分がうっかりしていたから・・・というような書き方をされていました。それから、いよいよ初めての返信です。これも今思うとよくもまあ!と思うのですが、私はメールソフトを使ったことがほとんどなかったのです。パソコンとの付き合いはそこそこ長いのに、インターネットやメールというものには、それまで全く縁がなかったのです。しかも、インターネットで買物をしたこともありませんから、注文のメールにどのような返信が帰って来るのかということも当然分かりません。

ヒントはズバリ☆様から頂いたメールの中にありました。
書式とか、形式ではなくもっとも大切なもの!そう「あたたかさ」です。いかに相手の事を考えながら言葉を繋げて行くか!これがもっとも基本なのだ!ということをしっかり学ばせてもらいました。ですから、あの時のメールのやり取りが今でも変わらず私たちの「返信メールの原点」になっています。
それ以後おかげさまで「あたたかいメッセージ」を多くの方から頂けるのは、☆様に学ばせて頂いたおかげだと今でも思っています。本当に感謝しています。

● 228

この数字を何の数字だと思われますか?
2004年9月4日に頂いたメールから、今までに☆様から頂いたメールの数なのです。すごい数字です。(私はみなさまから頂いたメールは全て保存して大切にさせて頂いています。)数字だけではありません。内容もステキなものばかりです。そのひとつひとつに☆様の「こころ」がいっぱい詰まっています。これもよく言うことですが、親しくさせて頂いた後は、それをずっと長く続けさせて頂きたい。そう考えると、☆様と共有してきた時間はまさしく理想通りの展開だと思っています。私は本心から、どのお客様ともこうありたいと常々考えてHPを運営しているつもりなのですが、なかなか理想通りには行きません。みなさんそれぞれに忙しい毎日を送られている訳ですから、億の数があるといわれているHPのたったひとつにずっと関わって頂くことはそうそう出来るものではありません。これは常識で考えてもごく当たり前のことです。

ですから逆に、私は全ての方々(色々な形でsesame123HP に関わってくださっている方々)と、たとえ限られた時間であったとしても、本心からいいお付き合いをさせて頂きたいと思うのです。では何が出来るのだろうか?残念ながらこれが正解だと言い切れる方法はまだ見つかりません。だから・・・せめて「おひとりおひとりを大切に思う心」だけはこれからもずっと持ち続けていよう!と思うのです。

● 奇跡の出会い

私が、好きなことのひとつに「宇宙」と「素粒子」というのがあります。
心配しないでください(笑)今日は深入りはしません。そんな関係で「☆」に関することは、本を読んでいっぱい学びました。そのご褒美に出会いの神様が私たちと☆様を出会わせてくれたのかも知れません。そして、大切なことをいっぱい学ばせてくれたのかも知れません。

※余談
なぜ宇宙なのか?
私たちが知りうる限り一番大きなものは、きっと「宇宙」です。でもその果てしなく大きなものを学ぼうとする時、必ず登場するのが「素粒子」という限りなく小さなものの存在なのです。そしてその「素粒子」を研究し、学ばなければ本当の意味での「宇宙」を知ることが出来ないのです。だからこれほど楽しい「学習」はないのです。

この考え方が、人の生活にも見事に当てはまるのです。
いい人生(宇宙)を送るためには、今という時(素粒子)を大切にしなければいけません。
今(素粒子)の連続を大切にし続けることが、結果として素晴らしい人生(宇宙)を創りだしてくれるのです。でも理想通りに上手く行かないのですが・・・(笑)だから素敵なんだと思います。上手く行かないからそうなろうと頑張れるわけですし・・・。分からないことがあるからもっと知りたいと学習するわけですから・・・。そういう中で、物理学者の人たちも私たち小売店の販売員もきっと面白みを見つけながら生活しているのだと思います。

● sesame123HPのスタイル

これからも今のスタイルで行きます。
☆様をはじめ、多くの方々に学ばせて頂いた「あたたかさ」は決して忘れることなくこのスタイルで行きます。
私は事あるごとに人から言われます。「もう少し、こうすれば・・・もっと儲かるよ!」と。でもあえて今の路線で行こうと思っています。いっぱい学ばせて頂いた人たちを大切に思いながら少しでも喜んで頂けるように・・・。

もっと多くのことをいっぱい書けると思っていましたが、
書けたのは心の中で考えていたほんの一部だけです。
なぜ、このタイミングで書いたのか?
それはきっと分かって頂けたと思います。

ひとりの人を大切に思えなくなった時、私たちのHPの使命は終わる時だと思っています。
それを最初に教えてくださったのは、☆様です。
まぎれもない真実です。

ありがとうございました。
そして、明日からもまたよろしくお願いします。
答えが見えるまで、お付き合いをお願いします。

2005年8月2日

←トップページへ